フライヤー印刷でお客さんにしっかりアピール|気になる情報をGET

案内男性

キャンペーンを狙え

紙

フライヤー印刷は、チラシよりも少量で厚手の紙、サイズ小さめ、というのが一般に行われていることでしょう。サイズちいさめといっても、フライヤー印刷には、A4サイズなど普通に使われている紙のサイズが用いられることも多いです。いくつかのイベントの情報を知らせたい時、1枚に1つの情報、といったように、お客さんが気になっている情報だけを手に取りやすいようなデザインの仕方が多いように思われます。フライヤー印刷は、小ロットでの発注が多いイメージですが、多くなっても大丈夫です。ただ、紙が分厚い分、チラシよりも値段が高くなる印象があります。実際、値段は高いですが、興味のあるお客さんに絞ってその情報が確実に手元に届けられる、という利点から、チラシとフライヤーの使い分けがうまくされているのだといえますね。確かに、フライヤー印刷を依頼すると値段が張るかもしれません。ただ、ネットなんかで調べてみると、キャンペーンなどもしょっちゅういろんなところでやっているのを見つけられます。それほど出来上がりに差がでないのであれば、そういったキャンペーンを狙いつつ、少しでも安くできるところを探してみてもいいのではないでしょうか。もちろん、いつもお願いしている顔なじみの業者があるのであれば、それはそれで融通もききそうですが。フライヤー印刷は、予めイベントなどの予定が決まっていて、告知するために、数週間~1か月ほどはイベントの開催までに余裕がありそうな場合もありそうです。急いでつくるチラシとの違いはそこにもあるかもしれません。期間に余裕があるのだったら、業者選びもじっくりとしてみたいところです。